水道 修理で水漏れを止める

水道 修理で水漏れを止める 水漏れが発生した場合、誰しもどこの業者に依頼するか迷うものですが、状況によっては自分の手で直すことが出来るケースもあります。まずは落ち着いて水道 修理を自分で行うことが出来るのか、業者に依頼するレベルなのかをしっかりと見極めましょう。水道の修理は単純なパーツ交換で済む場合もあれば複雑な修理を要する場合もありさまざまです。日常生活に欠かせない部分の大事な修理ですので、慎重に進めていきましょう。



■水漏れの修理を専門業者に依頼するべきかどうかの判断基準とは

水漏れが起こった時に、専門業者に依頼するべきかどうか迷うところですが、パーツの取り外しができる場合や水漏れの原因が明確な場合、少ししか水漏れしていない場合などは専門業者に依頼しなくても自身で直すことが出来る場合もあります。反対にパーツが取り外せないタイプや原因が不明の場合、たくさん水漏れしている場合などは専門の業者に依頼した方が賢明です。特に、たくさん水漏れしている場合は破損箇所が複数あるケースも考えられますので気をつけなくてはなりません。一度漏水調査も兼ねて依頼してみましょう。


■水漏れが発生したら応急処置を行う
まずは止水栓をを閉めましょう。止水栓は時計回りに回すと締まり、反対に回すと開きます。止水栓の形はハンドルやバルブが付属しているタイプやマイナスドライバーによって修理を行うタイプもありますので、決してむりやり回してはいけません。マイナスドライバーを使うタイプのものは溝にはまっているかどうか確認してから操作を行いましょう。自身の手で直す場合でも、家全体の水を止めてからでないと水が溢れ出てしまう可能性もあるため、気をつけなくてはなりません。この時、マンションやアパートの場合は自室の止水栓を閉めた状態で作業しますので、管理会社への連絡も忘れないようにしましょう。
また、キッチンの蛇口から勢いよく水が出ている時などはシンク下の配管に付いているレバーを回すことによって水が止まります。他にも、止水栓を閉めると直るケースも考えられますし、配管が詰まっている場合は掃除を行うことによって直るケースも考えられます。原因がパーツの緩みによる場合はしっかりと締め直すなど、意外と簡単に直る場合も考えられますので、まずは可能な範囲内で応急処置を行ってみてください。

■場所別による直し方

水漏れは洗面所やお風呂はもちろん、キッチンやトイレといった全ての水回りで発生します。場所によって直し方は異なりますので、それぞれに合った治し方を知っておきましょう。レバーに関しては、シングルレバーの場合はバルブの故障によるものが多く、バルブの交換を行うことによって直るケースもあります。また、ナットを締めることによって水漏れが治まることもありますので、きちんと締めてみましょう。ハンドルが2つあるタイプのものはハンドルが1つのタイプと比較すると単純な造りなので原因がわかりやすく、ナットを締めたり部品を交換したりすることによって直るケースも考えられます。
排水管の場合は詰まりの他に部品の経年劣化も原因になり得ます。10年以上使用しているものはパーツあるいは本体自体が劣化しているケースもあります。パーツの劣化が原因の場合はパーツを交換することによって直りますが、排水管自体の劣化が進んでいる場合は交換した方がいいケースもありますので頭に入れておきましょう。

■まとめ
水道 修理は自分で行うことが可能な場合もありますが、誤ると被害が大きくなって大変なことになる場合もありますので気をつけましょう。落ち着いて原因を特定して、自分で修理するのは難しいと判断した場合は無理をせず専門の業者に依頼してみてください。無理をして自分で行なった場合、より一層被害が拡大することもありますので慎重に判断するように意識しておきましょう。さまざまな業者がありますのでどこに依頼するか悩む方も多くいますが、見積もりは無料の業者も多いので、気軽に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース