蛇口 交換のやり方を知り水漏れの修理を自ら行ってみよう

水漏れが発生した場合はもちろん好みのタイプに交換したくなった場合、自分でDIYを行うことが可能な場合もあります。水栓や必要な工具などはホームセンターなどで気軽に購入することが可能ですし、後に水漏れが発生した場合なども自分で修理ができるようになりますのでおすすめです。

■水漏れによって蛇口 交換を行う場合

水漏れが原因の場合は、交換の必要性を再度確認しましょう。ナットの緩みやパッキンの劣化が原因で水漏れが発生している場合は、これらの部品交換のみで済む場合もあります。ナットはちょっとした衝撃で少しずつ緩んでいきますし、パッキンなどゴム製の部品は劣化が早いと言えますので、確認してみてください。ちなみに、使用年数が15年経っているものに関してはいつ壊れてもおかしくないほど劣化していますので、交換をおすすめします。
蛇口を交換すると決めた場合、使用している水栓のタイプや必要な工具が何かなど、事前に調べてから購入しましょう。インターネットなどで購入することも可能です。タイプによって価格もさまざまで、特殊機能がついている場合は価格も上がる傾向にあると言えます。これまで使用していたタイプと同じものを選び必要なものを購入する際、あらかじめ水栓や水栓下にある給水管部分を撮影しておくとホームセンターの人へ相談する場合などに便利です。

■水栓の種類はさまざま

水栓には台付きタイプと壁付きタイプがあります。さらに台付きタイプはワンホールやツーホール、壁付きタイプは壁付き混合水栓や単水栓に分類されます。ワンホールは穴が1つのタイプです。蛇口がキッチン天板の台に取り付けられていて、取り付け穴は各種メーカー共通です。ツーホールタイプは穴が2つのタイプです。蛇口がステンレスプレートやキッチン天板に取り付けられていて、取り付けピッチは各種メーカー共通ではありますが、キッチンカウンターの裏側から正確な値を確認することが可能です。また、壁付きタイプは壁に蛇口が取り付けられているタイプのことです。わりと簡単に交換することができるタイプだと言えます。単水栓は水またはお湯のどちらかのみを出す水栓のことを表します。このように、水栓は種類によって取り付けられ方もさまざまなので、自分が使っているものがどのタイプなのかを確認してみてください。

■まとめ
自分で交換できる場合もありますが、状況によっては難しい場合もあります。ちょっとした修理で済む場合もありますので、決して無理はせず難しいと感じた場合は作業の途中であっても専門の業者に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ